カトリック清水教会 Catholic Church of SHIMIZU

TOP-PAGE

メッセージ

ミサと行事予定

教会からのお知らせ

蒲原教会だより

年間行事予定

活動グループ

初めての教会

教会をもっと知りたい!

カトリックの結婚式

カトリック教会の葬儀

清水教会のあゆみ

Community News

リンク集

教会月報 「つばめ」

アクセスマップ




カトリック清水教会
静岡県静岡市清水区岡町1-34
Tel:
Fax:

メッセージ

新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所

カトリック静岡・千代田・八幡教会主任司祭 林 健 久神父  

2015年6月に掲題の小冊子が日本カトリック司教協議会から発行され、今年の待降節から実施されることになりました。

2000年にミサ典礼書改訂委員会が発足し、その後、2002年にバチカンから「ローマ・ミサ典礼書」規範版第3版が発行され、それに基づいて改訂作業が進められてきました。そしてようやく、昨年5月に日本における適応を加えた「総則」が認証されました。非常に長い時間がかかるものです。

しかも、この総則に基づく「ミサの式次第」はまだ認証されていません。

そのため、総則の全文は公表されず、また、式文(言葉)に関する変更には触れられていません。主として、姿勢と動作に関して、先々に支障のない範囲で変更を行い、早めに慣れておくことが望ましいという司教団の判断により、今回の変更となりました。

これは、司教協議会から教令として発布された決定事項であり、現場の司祭は勝手に変えることはできません。典礼は共同体の祈りとして、共同体としての工夫があってよいものと考えますが、まずは、今回の変更箇所をきちんと理解することが前提です。そして、今後の認証を待って発行される「ミサ式次第」を確認し、理解した上で、徐々に消化していきたいと考えます。一旦、基本を整えた後、現場の共同体として工夫し得る部分はどこかを確認しながら歩めればと願っております。

従来のやり方が教会によって少しずつ異なっていたので、具体的に変えるべき点は、教会ごとに異なります。八幡教会では10月11日に説明会を行いました。静岡教会は11月8日、千代田教会は11月15日に説明会を行います。清水教会と草薙教会は、高橋神父様がなさるでしょう。

静岡教会と八幡教会では、これまで慣れ親しんできた、ミサ中にひざまずく姿勢は無くなります。淋しさを感じる方もおられると思いますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。先日の司祭の集まりで訊いてみたところ、横浜教区内でひざまずく姿勢を残しているのは、静岡と八幡の他、2つの教会だけでした。それらの教会もいずれは変わっていくことになるでしょう。立つことと座ることが、日本の教会の共通の姿勢となります。立つ部分が多くなりますが、健康上の理由等により座ることも認められていますので、ご高齢等により、立ちっ放しが辛い方は、どうぞ座ってください。ただ、ひざまずくことはしません。

共通の姿勢を守ることにより、祭儀に集まった人の一致がしるしとして表されることが強調されています。信仰共同体の祈りの中心であるミサを、これからも、共に大切にして参りましょう。

TOP-PAGEに戻る

Copyright(c)Shimizu Catholic Church