カトリック清水教会 Catholic Church of SHIMIZU


カトリック清水教会聖堂北側より撮影
カトリック清水教会のゴシック様式の聖堂は、1935年徳川家康の御殿地跡に建設されました。
北側の道路から見上げる聖堂は勇壮です。

カトリック清水教会聖堂正面階段下より撮影
教会は清水港に近い高台にあり、駿河湾や富士山・伊豆半島まで美しく見渡せます。

カトリック清水教会聖堂南側より撮影
聖堂を教会の内側(南側)から見ると、外からとは違うやさしい姿が見られます。

聖堂内部正面祭壇
聖堂内部の正面祭壇にはブローニュの聖母像、左右には聖ヨゼフ・聖マリアの御像があります。

カトリック清水教会の歴史についてはトップページに戻り「清水教会のあゆみ」をごらんください。


Copyright(c)2008-2010 Shimizu Catholic Church -- All rights reserved.